スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴーン・ガール

ゴーン・ガール 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) [Blu-ray]ゴーン・ガール 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) [Blu-ray]
(2100/12/19)
ベン・アフレック、ロザムンド・パイク 他

商品詳細を見る

ゴーン・ガール/Gone Girl
監督:デヴィッド・フィンチャー
出演:ベン・アフレック、ロザムンド・パイク
オススメ度:★★★

ニック(ベン・アフレック)とエイミー(ロザムンド・パイク)は誰もがうらやむ夫婦のはずだったが、結婚5周年の記念日に突然エイミーが行方をくらましてしまう。警察に嫌疑を掛けられ、日々続報を流すため取材を続けるメディアによって、ニックが話す幸せに満ちあふれた結婚生活にほころびが生じていく。うそをつき理解不能な行動を続けるニックに、次第に世間はエイミー殺害疑惑の目を向け……。


ある日、突然いなくなったエイミー。
荒れた家を見て不審に思った夫が警察に通報するが、警察はルミノール検査で大量の血液のあとを見つける。
夫の証言は二転三転していき、通報も偽装のためで、夫がエイミーを殺したのでは…という疑いが生じるわけです。
ここまではよくあるミステリーな展開で、見ていて『夫が殺したのかな~』って思わせます。
だけど、あのデヴィッド・フィンチャー監督ですよ。
ただのミステリーで終わるわけがない。
嫁が殺されるという「セブン」のイメージが強く、「後味悪いんだろ?!」「猟奇的な殺人的なのか?!」と身構えながら見てましたが、このまま夫が犯人ではあまりにノーマルな話すぎるし、一体どこにどう落としていくんだ…と思ったら、まさかの嫁がイかれてたという話。
レビューを見ていると「結婚するのが怖くなる」とあったけど、ここまでくるとブラックコメディにすら感じてしまってちょっと笑ってしまった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。