FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GANTZ

GANTZ
監督:佐藤信介
出演:二宮和也 松山ケンイチ
お勧め度:★★★★

【あらすじ】
就職活動中の大学生・玄野は、地下鉄の駅で幼なじみの加藤を見かける。正義感の強い加藤は、線路に落ちた酔っ払いを助けようとするが、手を貸した玄野と共に電車に轢かれてしまう。次の瞬間、二人は見知らぬマンションの一室で目を覚ます。その部屋には、GANTZ<ガンツ>と呼ばれる黒い巨大な球体と、玄野たちと同じように、どこからか転送されてきた人々がいた…。
【感想】
正直言って嵐の二宮くんが出ていなかったら見ていないジャンルの映画なので新鮮だった。
というか想像以上に怖い映画でビックリした。
なんでこんなに怖いんだ?と考えると、私たちのいる現代世界が舞台だからだと思う。
(死んだ後の設定ではあるけれど、死ぬ前の世界&戦うシーンが普通の道路といった点で)
邦画のアクション・SFで思いつくのって「キャシャーン」「ヤッターマン」みたいな完全に異世界の世界観であったり、もしくは戦国とかの着物を着ているような映画しか思いつかないので、こういった現代社会を舞台にしたアクション・SFの邦画を見るのが初めてという意味でも見ていて新鮮だったんだろうな、と思う。2も楽しみ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。